Mログ  



<   2004年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧


11月29日 GoodWill

Good WillのWEBSITEが見つかった。GOOD WILL

GoodWillはアメリカ.カナダをはじめとして23カ国、203の地域に1800の店舗を構える、予想通り商品はほとんど寄付を中心とした品揃えの店である。

体の不自由な人たちや社会的弱者の雇用も推進している。理念の大きな究極的な目標はparticipate and contribute fully in all aspects of a productive life.のようで。

さらにアメリカらしく地域社会への貢献というのも、大きな理念のひとつのようにも思える(Websiteを見た限り)。Thinking globally and acting locally。ありました、最近のおれの好きな言葉。

ともかくかっこつけなしで言えば、激安。おれ、アメリカで古着のバイヤーを小規模になら上手くできるような気がする。少し知識があれば、本当に良質の古着.小道具が眠っているのだ。

ともかくアメリカに来たらGoodWillですぞ!!
[PR]
by my225225 | 2004-11-30 15:26 | Diary 秋

11月29日 Thanks giving 後

Thanks giving の次の日からアメリカはクリスマス商戦に入ります。Thanksgivingの次の日の朝五時からセールの始まり。ものによってはかなり格安で買えるようで、観光に来るのならこのシーズンが狙い目。

僕は、そんな大セールには指をくわえて横目で見つつ、Good Will に行ってきました。Good will というのは全米的に有名な古着屋、古道具屋なのだが、不幸な事にWebsiteが見つからないので、説明は省く。おそらくは寄付を中心に運営されているはず。なかなか興味深い。詳細はしばしお待ちを。GoodWillではかなり安い買い物をして計40ドルだったが、日本だったら20000円相当のもの。

サンクスギビングの次の日は、ポートランドの中心パイオニアスクエアでクリスマスツリーの点灯式。アメリカらしく生音楽あり、人々の熱気あり(みんな軽く踊ってた!)、カウントダウンありの結構感動的な点灯の瞬間だった。パイオニアスクエアに溢れるアメリカ特有の、群集の活気に、すっかり酔ってしまった。

サンクスギビングが過ぎるとオレゴンは本格的に冬に入るそうだ。まるで独立記念日の後に計ったように夏らしくなったように。早速、昨日は手が悴むような、体の芯まで染み入るような寒さだった。そして今は、冷たい冷たい雨がしとしとしとしと降っている。とうとうポートランドにも冬がやってきたようだ。
[PR]
by my225225 | 2004-11-30 13:06 | Diary 秋

11月25日 Thanks giving day

今日はThanks giving dayという事で、祝日の少ないアメリカで一つの重要な休日です。ヨーロッパから移民してき間もない1621年にMassachusetts州のPlymouth行われた最初の収穫を祝う晩餐が始まりです。その時は、先住民も入り乱れての大きな晩餐だったようで。

その収穫祭を家族でターキーとマッシュポテト、greebyというポテトのソース、ワイン、さらにはパンプキンパイを食べて祝います。今回は早稲田のオフィスがアレンジしてくれた家族のお家にお邪魔して来ました。前の日記でも書いたとおりの三億円の超大豪邸。まるでThe Patriotに登場してくるような年代を感じさせる、ヨーロッパ風の(行ったことはないけれど)年季を感じさせる大豪邸。夕食も家に劣らぬ豪華なものでした。お値段が張りそうな高級なシャンパンも飲めたし…。
a0014941_8223080.jpg
しかし、この夜はまるで睡眠薬を飲んだように睡魔に襲われ10時前には就寝。どうやらターキーには睡眠作用がある物質が入っているという噂。あんなに眠くなったのは久しぶりだった。ちなみに泊めてもらったゲストルームもホテルの客室かと思うくらいに綺麗でした。

家族も優しかったし、兄弟もいい人ばかりだったし、言う事なしの最高の家庭でした!あと、料理も美味しかった!Jeffありがとうね~!
[PR]
by my225225 | 2004-11-27 08:03 | Diary 秋

11月22日 Whole Foods

a0014941_17145236.jpg
ポートランドにはWhole Foodsという、食料品チェーンがあって、主にOrganicな食料品を販売しているわけですよ。Whole Foods

店内は、ほとんどの商品がOrganicな商品で、かつ品揃えも豊富でショッピングをする事を楽しめる。紅茶コーナーは一見の価値があり。こういった、小売に興味が沸いて来たおれ、と言う事でWebsiteを訪ねてみました。

彼らのMotto(英語でもモットーっていいます)は、Whole Foods, Whole People, Whole Planetに対して小売業を超えて新たな生活のスタイルを提供しようというもの。最近日本でもはやりの生活スタイル提供型の小売・飲食の一つですね。

Webの会社紹介を要約すると、お客様・株主の理解を得ながら、高品質なOrganicな商品を提供して、株主そして顧客、さらにはthe better worldを作るのに貢献していきたいそう。さらに、特に環境と地域のためにという点を強調している点も欠かせない。具体的な取り組みはまだ調べていないけれど、コンセプトとしては重要視をしているようだ。

翻って、日本でもこういった取り組みがあることは承知しているが、例えばユニクロが始めた(そして失敗した)スーパーや有機野菜の店も新浦安にでさえある。しかし、全体的に見て成功してるとは言い難いのではないだろうか。その理由がマーケーティングの問題なのか、消費者の関心の問題なのかは僕にとって知る由もないが、切にこういった商売が日本にも出現してくれる事を願うし、もし可能ならそれに取り組めたらなぁと思う。ともかく、Whole Foods アツイですよ!
[PR]
by my225225 | 2004-11-24 09:03 | Diary 秋

11月21日 最後のFarms Market

BUY LOCAL
EAT LOCAL

GOOD FOR YOU
地元で取れた野菜は美味で、あなたにとって有益です。まず第一に輸送時間の短縮によって味が損なわれません。オレゴンの野菜は新鮮さを保ったまま、あなたの食卓へ!

GOOD FOR FORMERS
地元の農家を支持して、地域経済を支える一助になりましょう。お金が地域へ還元され、そして農家の新しい試みを支える事にもなります。

GOOD FOR THE ENVIROMENT
近郊で取れた野菜を買うことは環境にも優しい事です。Food Miles、輸送距離を減らす事で、輸送での手間や大気汚染を減らす事ができます。あなたは野菜が1000-2000マイルも旅してあなたの食卓に並んでいるのを知っていますか?
オレゴンの農家は美しい水源や野生生息地、田園風景、全ての環境を維持する努力を払い、食料に付加価値をつける努力をしています。
a0014941_10185411.jpg

以上が、パンフレットを要約したmy sweet Farms Marketの意義です。本当に歩いているだけで楽しいたくさんの野菜と花やオレゴンの魚介類、チーズ、ワイン。これは歩いた者にしかわかりません。コーヒーを片手に、晴れたファーマーズマーケットは、ポートランド生活の一つのハイライトであることは言うまでもなし。
a0014941_10191592.jpg
最後のファーマーズマーケットの天気もまるで申し合わせたかのような青空。季節が冬に移り変わってゆくのにあわせて、これが最後のファーマーズマーケットでした。
a0014941_10193237.jpg
切ないですねぇ。

ちなみに主催のホームページはこちら。Oregon Enviroment Council
[PR]
by my225225 | 2004-11-24 09:03 | Diary 秋

11月20日 Community language and culture bank と テキサスホールダム

a0014941_9494158.jpg
今日はCommunity Language and Culture Bank という、ムスリム系のアメリカ人の差別と闘っている団体のPartyに行って来た。つまりは来学期からのボランティア探しの一環ですね。

取り組んでいる内容も興味をそそるものだったし、3月の帰国前に大きなイベントがあるということで日程にもぴったり。まだ第一希望ではないけれど、検討に充分値する団体だった。

アメリカに来てこういう団体に顔を出すたびに思うのが市民が市民活動に対して自分の長所や特技、趣味を生かして参加しようという姿勢が強い。個人的にこういったところが好きあるし、ポートランドはこういった団体が多い街なので、ポートランドを恋をする理由でもあります。

その後は、友達の家でテキサスホールダムというトランプゲームをしたのだけれど、こちらではおそらくこのゲームは米版マージャンといったら言い過ぎだろうが、それに近い人気があると思う。今日も晩飯のピザでも食べながらポーカーでもしようか、といった具合にみんなが集まっていた。そして、結果は…アメリカ人を完璧に破ってきましたよ!完勝でした。

Community Language and Culture Bank

写真は友達が実家からひろってきた子猫。かわいいでしょ?
[PR]
by my225225 | 2004-11-21 17:31 | Diary 秋

11月19日 Floterのコンサート

Rockバンドのコンサートに行ってきた。

ポートランドローカル、東海岸では結構名が売れているバンドらしい。ロックのライブとか、パンクのライブは日本では行かないけど、テンションはアメリカも日本も大して変わらないのではとも思った。すごいテンション高いエリアもあるけれど、他のエリアは比較的まったりと音楽を楽しんでいたり。もともと個人的には日本人のタガが外れたときのノリは買っている。花見とか、内輪の宴会とか…、日本人もアメリカ人に負けてないと思います。

ただ、如何せんホールの真ん中でプロレスラーみたいな体つきで、麻薬の売人の顔つきをしたイカツイお兄ちゃんたちが全力でたくましい筋肉筋肉隆々とした裸をさらして、タトゥーを背中に腕に背負い、ぶつかりあっているのに僕の視線は釘付けでしたよ。そしてこの迫力と言う点はアメリカの足元にも日本は及ばない。下手な闘牛よりは迫力はあると思う。しかも、曲が終ると握手とかハイタッチしたりして男の友情が生まれているのは、微笑ましい。もちろんガチンコの喧嘩もあります。重量はK1級。

こんなライブにも歩いて15分でいけるポートランド、僕は大好きです。

[PR]
by my225225 | 2004-11-21 17:30 | Diary 秋

11月18日 漢会

今日は同じプログラムに参加する男だけで飲み会。夢を語るはずが、夢を語らなかったのは人数が多すぎたから…?仕方がないねぇ。でも楽しかったし終りよければ全てよし!

きちんと振り返ってみると、癖のある人もいるし、基本的にみんな超優秀。母集団としてはかなりできるひとたちだ集まっていると思う。

今まで他人に余り関心がなかっただけに、解散も迫っている事情もあり少しでも人間観察していきたいわ~。
[PR]
by my225225 | 2004-11-21 17:30 | Diary 秋

11月17日 Passion上映会 

a0014941_19504789.jpg

Passionは、メルギブソン監督の、今年のアメリカでファーレンハイト911と並ぶ物議を醸し出した、キリストの囚われてから処刑されるまでの最後の12時間を描いた映画。日本語版のサイトはこちら。日本語版サイト

内容は凄惨なシーンが目を覆う暇もなく何度も何度も途切れもなく続く、悪く言ってしまえば残酷な映画。下手なホラー映画よりも怖い。そしてキリスト教徒曰く「史実に忠実な映画」。


「最も語られるべきものが今だ語られていない。凄惨なシーンを描くのも、ある一つの目的のため」とメル・ギブソンは語る。「私の望みは、ユダヤ人を非難することではなく、キリストが我々の罪を償うために味わった恐ろしい苦難を目にし、理解することで、人の心の深いところに影響をあたえ、希望、愛、赦しのメッセージが届けられることだ」。日本語版サイト
全く同じ事を一緒に見たキリスト教徒の友達も言っていた。

本当に史実に忠実かは僕に知る由はないが、この映画を見たあと、少しはキリスト教を前よりも理解できたような気がする。こんな自分の苦難・受難を「Father, forgive them. They don't know what they are doing.」(こんな感じだったはず)、と言える人間を信じることは、少なくとも尊敬するのは、自然な事かもしれない。

この映画を見て、キリスト教はもちろん仏教もイスラム教も彼らの信仰心はどこから生まれているのかを勉強してみたくなった。是非、信仰心溢れる監督にパッションのような映画を作って欲しい。

ただ、お世辞にも感動する映画ではないので、見るにはそれなりの覚悟が必要と言う事は書き残しておきます。
[PR]
by my225225 | 2004-11-18 20:05 | Diary 秋

11月16日 大学生活でやり残した事はない

今日大学の先輩からメールをもらって、心のどこかにとめておきたい言葉だったのでブログに書こう。

メールには「大学時代にやりたいことは全てした。もうおなか一杯だよ、今は働きたい一心。」とあった。

あっさり言えそうなことだけれど、こういって言い切ってしまえるということには心を揺らすものがある。

何事にもそうだけれど、あるスパンを終ってこう言い切れるのは気持ちの良いことだろう。多分、日本に帰るのは卒業式の直前になると思うけれど卒業していく先輩や友達に会えるのは本当に楽しみだなぁ。

帰る直前も、帰った直後もパーティ漬けの日々間違いなしですな!
[PR]
by my225225 | 2004-11-18 20:03 | Diary 秋

大学生Mのアメリカ留学後の生活。最近の興味はLOHASとCSRと環境。趣味はサイクリング、旅行、焼酎、Salsa。好きな焼酎は不二才(はいは特に)と園の露。  御贔屓のほどを。
カテゴリ
全体
Diary 春・夏
Diary 秋
Diary 冬
2005 Spring
Travel General
Mexico・Guatemala
Cuba・The U.S.
自己紹介
以前の記事
Link
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
   ジャマイカの今
from ”Mind Resolve”
   スゲェ ぶろぐ を..
from ”Mind Resolve”
FTSN
from Piece of the W..
「よい経営」の指標とされ..
from light song
本の街、神田神保町
from 東京生活日和
熊本菊池恵楓園宿泊拒否事..
from 妄想きゃんねの備忘
LOHAS
from www.think.com
アメリカ旅行記⑦ カリフ..
from 大学休学放浪記 in U.S..
海外生活ブログトラックバ..
from 海外生活トラックバックセンター
自民敗北で内閣の大幅改造..
from 夏炉冬扇
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧