Mログ  



<   2004年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


9月29日 サルサとスイング

PSUの体育のクラスでサルサとスイングのクラスがあったので、すっかりラテンのカルチャーに恋してしまった僕は早速行ってみました。今まで旅行に行ったきりというパターンが多くて、これが初めて旅行を終えてさらにその国に関係する習い事を始めるというパターンなのでそれも僕の中では大きな喜びである。ともかく、旅行から帰ってからは何故かキューバミュージックが二倍にも三倍にも美しく心に響いてくるわけですよ。肝心のダンスのクラスは後日報告。
a0014941_17372743.jpg

んで、風邪は治らず。でもルームメイトのジンスーが本当に優しくて、ちょっと具合が悪くて夕方から夜の9時まで寝ていたら、心配してくれてチキンスープを作ってくれた。ああ、本当に良い人だ。はやくおれもジンスーに尽くしたいと心から思いました。ジンスーも一週間後ぐらい後に風邪ひかないかなぁ(笑)。おかゆ作ってあげよっと。
a0014941_17374540.jpg

[PR]
by my225225 | 2004-09-30 17:36 | Diary 秋

9月28日 クラスの始まり

a0014941_419678.jpg
今日はPSUのおれがとっている授業が始まる日だったわけで、一応2つ見学に行ってきました。授業の名前はOrganizational BehaviorとBusiness Ethicsでした。取った理由は日本の大学でこの授業なら単位交換してもらえるかなと予想したため。かなり不毛な理由ですが、出来たら来年は留年してその次の年に9月卒業もしてみたいしと考えて策であります。住めば都、努力すれば良い思い出になる事でしょう。授業の方はまだよくわかりせんが、Organizational Behavior(以下OB)は間違いなく楽勝の部類に入る授業だとみた。理由はテストが三回あるもののマークシートだし、エッセイはReferenceの必要のない感想文みたいなエッセイだそうな。むふふふふ。これで違うことにも時間は割けるでしょう!
問題はBusiness Ethics(BT)ですよ。先生の英語が速くて、さらに色々な課題も難しそうな気はするが、授業の内容はなかなか面白そうだ。ちなみにこの先生授業中に興奮してきてshutとかdamn itとか連発してたし~。でもアメリカ人の友達に聞いたらfuckを連発した先生もいたそうな。そんな授業は絶対に受けたくない。英語がおれの理解力を遙かに超えた速さのような気がする。
しかし、根本的なところで授業を2つとるか1つにするかまだ決めていない。相変わらず、優柔不断。「ポートランドに来て楽をしてどうするんだ!時間は作るもの」という今までの不器用な突進型の自分。「いや、やっぱり会話の練習をするだけの時間作らないと、授業2つ取ってたら忙しくてそこまで手がまわらないんじゃない?」という自分。どっちを選んでも絶対に後悔はしないと確信しているけどね。誰かアドバイス下さいー!!

ちなみに風邪は治らず、でも心配しないで下さい。熱はないし、そんなに重症ではないので。今まで一度もポートランドで体調を壊した事がなかったし、そろそろ風邪がヒットする時期だったんですね。

写真は自分の部屋の窓から。美しすぎる。心からポートランドが大好きだっておれは言えるね。今まで住んだ都市の中で一番好きかもしれない。まるで神様がこの空間だけ切り抜いて手の平で包み込んいるみたいに陽気は良くて、緑が景色のなかに溶けているように調和しています。感謝感謝。
[PR]
by my225225 | 2004-09-29 17:05 | Diary 秋

9月27日 秋学期の始まり

a0014941_1539370.jpg
秋学期が今日始まりました。新しい寮での生活、そして新学期の始まりとなかなか慌しい一日ですが、意外と家と学校が近いというのは色々と便利なもので面白そうです。職住接近万歳!だけど、何故か疲れてもいないのに風邪ひきました。情けない。
ともかく、今日は何も書く気がしないのでここまで。ただ、新しい生活に心ときめいている事だけは記しと期待と思うわけですよ。これから悪い面や色々と大変な事が見えてくるのだろうけど、それも人生(なんちゃって)。それもまたいい意味で楽しめるといいなと思うし、楽しむつもりで向かってゆきたいです。

ちなみに写真はコロラド州のsteamboatに住んでいる友達から送られて来た写真。ロッキーマウンテンではもう雪が降りましたとさ。もう初滑りも済ましたんだって。羨ましいね~。
[PR]
by my225225 | 2004-09-28 15:31 | Diary 秋

Flores フローレス 8月17・18日

a0014941_1716235.jpg
移動し始めてからは泣く子も疲れで黙るようなハードな移動をこなし、フローレスに到着した。フローレスと言えば、マヤ遺跡の中で恐らく最大の遺跡であるティカル遺跡の拠点となる街として知られている。ちなみにパレンケからフローレスの移動は朝の6:00にパレンケをバンで出発して、その後霧に包まれた鬱蒼と生い茂った神秘的なというよりは少しもののけの気配を感じさせるジャングルを抜けて、河をボートで渡河してまたバスに乗り換えフローレスに3:00頃に到着というツアーでいくらだっけ…、忘れたけが結構安かったような記憶がある。途中の霧に包まれたジャングルも少し空恐ろしくておススメのルートだ。

フローレスはこじんまりとした街だが、何故か個人的に良い思い出はないのだ。ホテルのベランダから見る湖はきれいだったけれども、人の生活感が恐ろしほど感じられなくてあまり好きになれなかった。

夜にイギリス人の学生が政治について議論していたけれど、なかなかレベルの高い知識がたくさん詰まっていた。外国でお酒を飲み夜景を見ながら、世界平和について語るのを聞けるなんと贅沢な時間ではないか。日本人も色々とアンテナを高く張らなきゃねぇ。ちなみに土屋賢二の「われ笑う、ゆえに我あり」を読んだけれど、日本人離れした毒を持ったユニークさがあって、かつある意味論理的であり、面白い本です。必読!
a0014941_17182144.jpg

a0014941_17193746.jpg

Tikal遺跡は、ツアーに参加して一日だけ周ったのだが圧巻の一言である。遺跡がジャングルの中にあるのだ。ほんの少しだけでいい、想像して欲しいと思う。こんなにも鬱蒼としたジャングルの中にこのような大規模な遺跡を作った文明が10世紀ごろに存在していたのを考えて遺跡を歩き周っているだけで胸が高鳴ってくるではないか。今までの見た遺跡で一番好きだったのはタージマハルとその近郊のファティープンスィークリだが、これは間違いなく僕の中の記録を塗り替えた。ティカルは近郊にキャンプ場もあって、そこに泊まって朝日を遺跡群から見る事も可能なので是非時間がある方には行って欲しい。自分もまた機械があったらトライしてみたいし、行きたい僕の友人は声をかけて欲しいものだ。詳細は素晴らしい内容の二つのウェブサイトに譲りたいと思う。是非、リンクから飛んで欲しいと思う。珠玉の内容です!
K&T's 中南米中近東の遺跡巡り
中南米遺跡博物館
[PR]
by my225225 | 2004-09-28 11:07 | Mexico・Guatemala

Palenque 8月16日

a0014941_10495775.jpg
パレンケはメキシコでも1、2を争うパレンケ遺跡の拠点となる街。カンクンに二泊した後にカサ吉田のあまりの居心地の良さに浸りすぎてこのままではダメになってしまう
とふと思い立ち、急遽夜行バスのチケットを手配して(Cancun-Palenque≒44㌦)移動。
a0014941_10505459.jpg

カンクンの日記を読み返したら長すぎる事に気づいた。誰も全部読んでくれなさそうなのでちょっともう少し内容を吟味して書き出すとしよう。

パレンケはカンクンから約10時間を要する。ちょっとした距離ですな。パレンケ遺跡は前述したとおりに後期マヤを代表する重要な遺跡だ。ただ、僕的には…的な内容だった。それもそのはずこの遺跡最高の目玉にして、メキシコのピラミッドは墳墓ではないという定説を覆した
『碑銘の神殿』は修復工事中。なんだりゃ。例えていえば、昔のオリックスの試合にイチローを見に行って、イチローが試合に出なかったような(例え話)拍子抜けな話ではないですか!!
a0014941_10513552.jpg

その後は、お口直しにとばかりに同じ部屋のオーストラリア人3人とジャングルツアーに参加。日本人旅行者はあまりこういったツアーに参加しないイメージがあるけれど、ともかくこういったツアーは本当に面白いと思う。何といってもバックグラウンドがあるとないとでは見る視点というのが、全く違ってくる。
でもOZEnglishには完敗だった。向こうが悪いのではない、きっとおれの耳が悪い。一応、夜耳掃除をしてみたり(ただしたかっただけなんだけど)。でもやっぱわからないものはわからない。塩辛い顔を舐めながら、早くも滞在一日であまりの暑さにGuatemalaに逃げ出してしまいました。
中南米遺跡博物館
[PR]
by my225225 | 2004-09-28 10:50 | Mexico・Guatemala

Cancun 8月13・14・30・31日

a0014941_1072991.jpg
この街はアメリカへの8月13日in、9月9日out、さらにキューバへのハブとしてこの度で最も滞在日数の多い街となった。
ある旅行者曰く「世界の金持ちが集まる場所」「白人のためのリゾート」。まさにその通りだと思う。ヨーロッパからも北米大陸からも近いこの街には、世界中の金持ち、小金持ちが集まります。まず、この街に到着した時はFinalExamが終った次の日にアメリカからメキシコに寝ずに渡ってきて、心身ともに疲労の絶頂だったと思う。ということで、到着して2日間は何もした記憶がない。まるでそこだけ塗り忘れた塗り絵のようにぽっかりと空いた穴であるわけだ。
全体的なカンクンの印象と言ったら圧巻である。まさにparadiseだと思った。間違いなく歳がいくつであれ目の眩む様な青い海に息をはっとのんだ後、我先にと海に駆け出す事間違いない。経験者は語る、である。目がまぶしいほどの太陽とずっと広がる真っ白な砂浜、そして作り物のような青い海。沖縄の海もたくさん見てきて、さらにタイの海にも行ってきたけれど、この海は間違いなく一番の“リゾート”だと断言できる。充実したエンターテイメントはお金を持っていけば、最高に楽しめるリゾートなのではないかと思う。
a0014941_106221.jpg

~宿の叔父さんから聞いたメキシコのお話~
まずはカンクンで泊まっていた宿の紹介。ここは完全な日本人宿で色んな人たちがいて面白かった。カンクンで安宿と言えばユースホステルかカサ吉田http://www.webtelmex.net.mx/casayosh/しかないと思うけれど、後者の方が綺麗だしスペースもたくさんあって居心地が良かった。
その宿のおじさんが解説してくれたメキシコの特徴。賄賂、ギャング、階級社会。まずは賄賂は、他の発展途上の国でも言えることだと思うけれど警察に賄賂を渡せば何でもまかり通る世界らしい。交通違反のキップも袖にお金を入れれば大丈夫らしいし、犯罪を犯してもお金持ちはすぐに釈放されたり、罪がうやむやになってしまうみたいだ。でもカトリックの国なんだし、結局は免罪符と一緒だよなと思う。何故か自分のカトリックに対する印象はすこぶる悪い。
そして階級社会といえば全ての国にあてはまると思うが(日本は一番階級社会から遠い国だと思う)、ここは少し特徴が違う。相続税がないのだ。それはこの国はスペインから始まりアメリカと被征服・服従の歴史だったために上流階級≒支配層は自分の家族の財産と利権を守るために結局今の今まで相続税は存在しないのだとか。少し調べたが少なくとも米・仏・英・独には相続税はあるようだ。確かに社会の公平性を確保したり、富の再分配には欠かせない制度のような気がしないでもない。
ギャングは主にアメリカへの麻薬の輸出に関っているようで、一般人には害はないらしい。流石は中米の優等生メキシコである。

~メキシコのスーパー~
メキシコのスーパーは(特にカンクン)は面白かった。まずアメリカと違う点は乳製品が多い事。南米中米は乳製品の数が多いと聞いたことがあるけれど、なかなか目を見張る品揃えだった。
さらにメキシコはパンが他の食品と比べてかなり安い。メキシコを旅行する人にとってスーパーのパンやパン屋にはかなりお世話になると思う。味も日本のパンには負けるが、なかなかおいしいものにもめぐり合える。おススメです!!
[PR]
by my225225 | 2004-09-28 10:05 | Mexico・Guatemala

この旅行記を書くにあたって

a0014941_9283352.jpg3月24日から始まったポートランドの留学生活も無事に二つの学期を終え、夏休みに入る事になった。約5カ月の生活には結果的に満足できるかは甚だ疑わしいが、振り返って思い出深い日々だった事は疑いようがない。21歳にしてもう一度青春しちゃってたなというのが正直な実感。このブログにも書いてきたと思うけれど、家族や友人そして自分の運命に感謝して足は向けて寝れぬ日々である。そしてこの旅行も自分自身では留学の一つの過程かと考えこのブログの一部として公開しようと思っている。ただ、予め書きためていた日にち単位の日記は誰も興味がないと思われるので、街ごとに日記風に綴っていくとしよう。公開するとは行っても自分の為に書く側面もあるので見ていてつまらない事が大半を占める事が予想されるけれどもご容赦していただきたい。
今回はインターネットで日記を公開して行くのだからできるだけ、リンクをつけていって拙い日記を補っていくとしよう。是非、この日記を読む人もリンクを辿っていって色々な事を好奇心をもって調べていって欲しいと思う(生意気)。訂正、駄文の繰り返しですがもし良かったら是非覗いて言って下さい。損はさせません。
[PR]
by my225225 | 2004-09-28 09:28 | Travel General

9月25日 とうとうポートランドに帰って来ました

実際は月曜日の深夜に帰ってきたいたのだけれどパソコンがつながなかったりして更新ができず、挙句の果てには水曜日からオレゴンコーストの友達の家に遊びに行ってきてたった今部屋について一息つきました。といっても明日から秋学期が始まるという訳ですが。

ともかく明日からは一日一日しっかり更新してゆきたいと考えている訳ですよ。そして旅行の方もどういう形でお知らせするか決めてはいないけれど少しづつ更新していきます。
[PR]
by my225225 | 2004-09-27 14:07 | Diary 春・夏

The letter from LA

とうとう一ヶ月弱の中米旅行を終え、北米は西海岸随一の大都市LAに友達を訪ねてやって参りました。中米旅行は終盤には疲れも感じて体調も少し崩してしまいましたが、今はすっかりよくなりました。なかなか思い出深く、そして自分にとってなかなかかけがえのない時間になったなと心から思います!

これからはLA、願わくばグランドキャニオンに立ち寄ってコロラドの友達に会う予定。ポートランドには21日戻る予定ですな。

それでは、これから暇を見つけて日記をUPしてゆきたいと思っています!!お楽しみに!

Mori
[PR]
by my225225 | 2004-09-11 04:37 | Diary 春・夏

大学生Mのアメリカ留学後の生活。最近の興味はLOHASとCSRと環境。趣味はサイクリング、旅行、焼酎、Salsa。好きな焼酎は不二才(はいは特に)と園の露。  御贔屓のほどを。
カテゴリ
全体
Diary 春・夏
Diary 秋
Diary 冬
2005 Spring
Travel General
Mexico・Guatemala
Cuba・The U.S.
自己紹介
以前の記事
Link
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
   ジャマイカの今
from ”Mind Resolve”
   スゲェ ぶろぐ を..
from ”Mind Resolve”
FTSN
from Piece of the W..
「よい経営」の指標とされ..
from light song
本の街、神田神保町
from 東京生活日和
熊本菊池恵楓園宿泊拒否事..
from 妄想きゃんねの備忘
LOHAS
from www.think.com
アメリカ旅行記⑦ カリフ..
from 大学休学放浪記 in U.S..
海外生活ブログトラックバ..
from 海外生活トラックバックセンター
自民敗北で内閣の大幅改造..
from 夏炉冬扇
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧